不登校は病気?

不登校に悩まされている人に偏見を持っている方も多いのが現状です。
実際のところ、不登校の生徒を見て「病気なのかな」と心配する人も多いです。
それは他人もそうですが、一番心配しているのは保護者の方です。
不登校は病気という定義に入っている訳ではないですが、少なくとも何かしらの病気になっていて、それが原因で不登校になっているということもあります。
その点は実際に医療機関で判断してもらうしかないので、病気を疑う場合は、医療機関への相談が必要です。

厳密には、不登校自体は病気ではありません。
しかし、例えばうつ病になっている場合や統合失調症、全般性不安障害など、様々な精神病が関わっていることも考えられます。
一例をあげると、「いじめられた子がうつ病を発症し、その結果不登校になってしまった」ということもあります。
これを考えると、一概に「不登校は病気ではない」とは言えないかもしれません。
まずは子供たちがどのような状況に陥っているのかを知る必要があります。

このサイトでは、なぜ不登校が病的な判断をされるのかについて説明します。
精神的な見方や暴力的な行動などによって、不登校の生徒は病気が疑われています。
実際に多くの時間、人と関わらなくなることで違った病気も発症してしまう可能性があります。
これはデリケートな問題なので、専門のカウンセラーなどと相談しながら、対処していくことが必要です。
無理に登校させようとはせず、なぜ学校に通えなくなったのかを考えましょう。